ユニフォームを制作しよう【自由に選んでオーダーして作る】

染色技術による違い

インク

デザインによる向き不向き

体育祭や文化祭、社会人のサークルなどでも使われるクラスtシャツは、チーム内の団結力や一体感を高めるためによく使われます。昔は一枚一枚手作りで作りましたが、最近は専門業者に頼むことが主流で、さらに印刷技術の進化もあって複雑なデザインや綺麗なグラデーションのクラスtシャツを纏うチームも多くなりました。クラスtシャツを作る際のプリントに方法にはシルクスクリーン方式とインクジェットプリント方式があるのですが、これらの方式はtシャツのデザインにより向き不向きがあるのです。まずシルクスクリーン方式は、色ごとの版を作ってからプリントする方式です。一度版を作れば同じ版を使うことで全く同じデザインが作れますので大量生産に向いており、その分利用者はコストを抑えることが出来るのが特徴で、大手アパレルメーカーでも採用されている手法なのです。色味も豊富に用意されていることが多いので、同じデザインが必要で部員の体格に合わせた追加発注のことを考えると、クラスtシャツには向いているでしょう。そしてインクジェットプリントは、版を使わずにインクを直接シャツに吹きかけ染色する技術です。デザインをコンピューターを使って解析して染色するので、シルクスクリーン方式よりもさらに色鮮やかな仕上がりが期待できます。デザインや色味に拘るシャツを作りたい場合はこちらでしょう。また一枚一枚染色していくので小ロットの受注にも対応していることも特徴です。

Copyright© 2018 ユニフォームを制作しよう【自由に選んでオーダーして作る】 All Rights Reserved.